十曜の紋WEB用2.psd宗教法人大本headnametype.png

I トップページ I グローバル I お問合せ I
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |




信仰と生活

■朝夕の祈り
朝夕のお礼拝は、大神さまと共にある生活の基本です。
無心で神前に座り、奏上する祝詞からいただける安らぎが、生活を豊かなものにしてくれます。
あわせて、ご先祖さまのさいわいを祈らせていただきます。
大神さまをまつるには、「ご神体」と「ご神号幅」があります。
すぐに「ご神体」をまつることができない方は「ご神号幅」でおまつりします。
また神さまをおまつりする環境が整わない場合はおまつりができるまで、時を待つことも可能です。
■聖地はふるさと
綾部・亀岡の両聖地は信徒の心のふるさと。
聖地の大祭への参拝、また数年に一度は大道場修行を受講し、初心に返らせていただきます。
■月次祭への参拝
全国各地にある本苑・分苑、その中にある分所・支部、また各信徒家庭は、神の家です。神の家では、月に一度の祭典(月次祭)を執行します。
自宅の祭典だけでなく、できるだけ本苑、分苑、また分所・支部の月次祭に参拝し、過ぎた一ヵ月のご守護を神さまに感謝するとともに、来たる一ヵ月のご守護を祈願させていただきます。
■教えに親しみ、生活に生かします
神書を拝読し、日々心のあり方や生活態度を省みることにより、毎日の生活をより信仰的なものに高めます。
体に栄養をいただくように、心の糧となる神書の拝読は大切なものです。
■神さまのご用にお仕えします
大本は、神さまの約束された「みろくの世」の実現のために生まれた教団です。その実現のために祈り、さまざまなご用に取り組みます。
まず信徒一人ひとりの中に平和な心を築き、それを家庭に、職場に、そして地域へと広げていくことが、「みろくの世」建設の基本であると教えられています。
さらに進み、信仰を通して自分がいただいた喜び、幸せを、より多くの人たちにお伝えできれば何よりです。
また、誠意と親切をつくし、み教えを伝えることも大切なご用のひとつです。
段階的に、分所・支部のご用、献労奉仕、また人型おすすめ活動へとご用の範囲が広がっていけば、これに越したことはありません。

大本神諭.jpg
 大本の根本教典「大本神諭」

<次ページへ>LinkIcon

【次ページ】入信者の声LinkIcon

wt2_prev.gif |1|2|3|4|5| wt2_next.gif