十曜の紋WEB用2.psd宗教法人大本headnametype.png

I トップページ I グローバル I お問合せ I
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


sougenkaranokaze10.png
clear30_30.png

report,24 2011 12/15

3時間10分に及ぶ宗教新聞社の
インタビューに応えて

ago_direktoro.jpg
ハグワスレン編集長と吾郷OMC次長


モンゴルで唯一の宗教・瞑想新聞社「心を改め瞑想しよう」新聞社のセドジャウ・ハグワスレン編集長の招きで、吾郷孝志大本本部国際愛善宣教課長(OMC次長)と斗夢(トム)事務局長は、12月15日(木)午後2時、ウランバートル市内の同新聞社を訪問しました。

redaktejo.jpg
訪問した「心を改め瞑想しよう」新聞社

玄関先で出迎えたハグワスレン編集長は、早速、2人を編集長室に案内し、室内に並べられた同社出版の書籍について説明。その中には、モンゴル語版「生きがいの探求」(著者:出口日出麿尊師/エスペラント訳:伊藤栄蔵/モンゴル語訳:チェ・ドグスレン)もあり、2人を喜ばせました。

libroj.jpg
新聞社内のマガジンラックの最下段には…

libro.jpg
モンゴル語版「生きがいの探求」が

この後、本リポート21「新装季刊誌がOMC活動を初紹介」で既報のとおり、11月5日に発行した同社の新装季刊雑誌「心を改め瞑想しよう」(健康・病気治療・瞑想・観光・宗教の各記事掲載/1,500部発行/5千tg=313円)に対する読者からの声をハグワスレン編集長が紹介してくれました。

また、同誌上で5ページにわたり、日本の神道宗教として初めてOMC活動を取り上げた経緯に触れながら、「引き続き、2012年夏号で大本の歴史や教義、両教祖のご来歴、“大本神諭”と“霊界物語”、大本の神観、霊界の実在、人生の目的、みろくの世と大峠等々について、インタビュー形式で掲載したい」との要望がありました。

結局、当日のインタビューは我々2人の想像をはるかに超え、3時間10分にも及びました。それも、ハグワスレン編集長自ら操作していた小型テープレコーダーのテープエンドが、インタビューの終了を促したのかもしれません。窓から戸外を臨むと、ウランバートル市の冬の帳がすっかりと落ちていました。

tom.jpg
インタビューで通訳を務めた斗夢事務局長(写真右)

大本モンゴル本部事務局報