十曜の紋WEB用2.psd宗教法人大本headnametype.png

I トップページ I グローバル I お問合せ I
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


sougenkaranokaze10.png
clear30_30.png

report,36 2012 8/17〜21

モンゴルサマーキャンプ

IMG_9530.JPG
大本モンゴル本部ご神前で記念撮影



毎年行われる「モンゴルサマーキャンプ」も本年で5回目となりましたが、今年は8月17日から22日までの6日間の日程で行われました。

日本からは、松田一訪問団団長(亀岡宣教センター長・大本モンゴル本部長)を含む12人が参加し、子供たちや貧困家庭に、文房具、本、ゲル(モンゴルの移動式住居)を贈りました。

教育福祉活動では、モンゴル国内唯一の聾唖(ろうあ)学校である第29号学校を訪問。寮の図書室に児童支援の本110冊を贈呈し、生徒たちへも訪問団各個人からプレゼントを手渡しました。

同世代の友達から応援の気持ちを受けて、生徒らは大変喜んでいました。クラス担当教師からは今後とも二国間の青年交流を深めていきたいとの希望がだされました。

第29号学校.jpg
第29号学校の図書室に本を贈呈


社会福祉活動では、モンゴル国中央県アルガラント村在住の未亡人・アルタンツァグさん一家へゲルを贈呈しました。彼女は、ゲルをいただいたことは、子供たちの将来のためにとても大きな応援と力になったと感謝し、「日本の皆さまのご恩を胸に、精一杯頑張っていきたい」と誓っていました。

ゲル贈呈.jpg
ゲルを贈呈


また、ウランバートルから西に350キロ離れたエルデネズー寺院を訪れ、バーサンスレン同寺院管長の案内で、出口王仁三郎の間「みろくのよ」図書室を見学。

また、僧侶養成学校を訪問し、生徒らにノートとボールペンと大本ハンカチを贈呈。その後、読経の様子を見学し、参拝しました。

エルデネズー寺院.jpg
エルデネズー寺院を訪問

僧侶学校の生徒.jpg
僧侶養成学校の生徒に文房具などを贈呈


最終日、ウランバートル市内にあるガンダン寺院を表敬訪問し、参拝の後、2004年6月に開催したガンダン寺院と大本との合同祭典の記念プレート前で記念撮影。その後、教主さま植樹記念柱の横に聖地から持参したご神水を散布。皆でモンゴルの大地の平安を祈願しました。

ガンダン寺院.jpg
ガンダン寺院の記念プレート前で記念撮影


移動中にモンゴルの気候が変わって急に寒くなり、8月なのに日本の12月に相当する気温を体験したり、雪も見られました。

このように今回の「モンゴルサマーキャンプ」は初めてのことがいっぱいで、笑顔と幸せがあふれた記念すべきサマーキャンプとなりました。

今後とも多くの方々がモンゴルサマーキャンプに参加していただけることを楽しみに待っております。

大本モンゴル本部事務局
トム(トゥーメン・ウルジー)事務局長 報