十曜の紋WEB用2.psd宗教法人大本headnametype.png

I トップページ I グローバル I お問合せ I
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


教団声明

宗教法人大本では、大飯原子力発電所再稼働の
最終判断の決定が6月16日に行われることに対して
6月14日、内閣総理大臣宛に下記声明を提出しました

                              平成24年6月14日

内閣総理大臣 野田佳彦 様

                          宗教法人「大本」      
                           代表役員 田賀 紀之   

 大飯原子力発電所再稼働の最終判断の決定が6月16日に行われるとのことですが、ここに宗教法人「大本」は再稼働に強く反対する教団声明を送付します。

         大飯原子力発電所再稼働に反対する教団声明

 宗教法人「大本」は大飯原発の再稼働に遺憾の意を表明し、強く反対します。
 東京電力・福島原発の大事故およびその後に続く放射能汚染は、国民に放射能被ばくの恐ろしさを改めて知らしめました。
 私たちの“いのち”を育む大地や水・空気を放射性物質で汚してはなりません。放射性物質は自然環境や生態系に大きな影響を与え、人間だけでなく、生きとし生けるものすべての“いのち”を脅かします。地震大国である日本で再び原発事故が起こらない保証はありません。原発は人の“いのち”より、経済を優先する人間の“われよし”の産物であります。
 ここに、宗教法人「大本」は、大飯原発を再稼働しないよう、強く要求いたします。
 また、他の原発も再稼働しないよう求めます。
 これに替わり、原子力に依存しない再生可能エネルギーの開発とその利用を力強く推進する政策の採用を要望します。

 宗教法人「大本」は、昭和29年、原水爆実験禁止を決議し、反対署名活動を展開。平成11年からは「脳死は人の死ではない」との脳死臓器移植反対署名活動や、遺伝子組み換え食物の危険性を訴え、食品への表示を求める活動などを行うなど、人の“いのち”を尊ぶ活動を推進してきました。
 私たちはこのエネルギー問題を自分自身の問題としてとらえ、日々の生活のあり方を見直し、一人ひとりの“いのち”が尊ばれる社会の構築に努めます。

prev.pngprev.png

next.pngnext.png